家族

【離婚危機になる?!】流産した時に、夫にできる5つのことを教えます。

こんにちは、いーなです。

いーな
いーな
2018年12月に流産してその後から夫と二人三脚で妊活を始めています。

流産したときに支える側の夫の行動が大切になってきます。

当時、夫がたくさん色んなことをフォローしてくれたおかげで妊活に取り組めたんじゃと思っています。

流産は本当に悲しいことです。夫婦で助け合って乗り越えるものなので、私が夫がしてくれて嬉しかったこと、本当はしてほしかったことをまとめています!

流産した妻は申し訳ない気持ちでいっぱい

私が病院で流産を告知されたとき、どうしたらいいのか分からないとパニックになってしまいました。

病院の先生や看護師さんから

主治医
主治医
初期の流産はよくあることで染色体の異常が原因だから、お母さんのせいじゃないんだよ。自分を責めないでね

といわれました。

それでも、自分が何かしてしまったんじゃないかと考えてしまいます。

 

流産の報告は、赤ちゃんができたことを楽しみにしていた夫にも申し訳ない気持ちでとてもいいづらかったです。

流産は悲しいお知らせです。宣告された方もなにも理解ができておらず気持ちの整理もついていません。

そんなときに助けてくれるのが夫の行動です。

いーな
いーな
流産後に夫がしてくれたことがとても助かりました。このときに酷いことをいってしまうと、夫婦仲が悪くなったり、離婚危機になり得るのでぜひ気をつけて行動しましょう!

流産したときに夫ができること5つのこと

流産と告げられたら、自然に赤ちゃんが出てくるのを待つ方法、手術で赤ちゃんを出す方法があります。

どちらの方法でも、身体的にも精神的にも負担がかかります。

いーな
いーな
私は仕事があったので手術を選んだけど、出血も続いたし痛みも強かったです…
流産手術後の仕事はどうなる?妊娠8週で稽留流産した掻爬手術の体験談
流産手術後の仕事はどうなる?妊娠8週で稽留(けいりゅう)流産した掻爬(そうは)手術の体験談妊娠8週で稽留流産した私の手術の記録と手術後の生活について経験を踏まえてまとめています。手術後の仕事はすぐに復帰できるの?安静にするべきなのか?その理由を紹介しています。...

そのため夫がフォローできることは必ず行なってあげてくださいね!

①妻の話を聞いてあげること

まずは、病院で流産について何をいわれたのか、それに対して妻がどう思っているかを聞きましょう。

流産のことを告げられてパニックになる方が多いと思うので、正直病院で何を言われたのかを鮮明に覚えておけません。

そのため大事なことが抜け落ちているかもしれないので、そこも夫であるあなたがフォローするべきところです。

またそこで妻がどう思っているのかも聞いてください。

私の場合、夫に申し訳ない気持ちがあったため、謝っていました。

流産してから少し経った今でも申し訳ない気持ちはありますが、ちゃんと伝えて良かったと思っています!

いーな
いーな
「悲しい」「つらい」「申し訳ない」という気持ちを自分の中で閉じ込めておくより、パートナーの夫に伝えておくことで少しでも緩和できますよ

②子供のことを一緒に悲しむこと

どんな方法でもかまいませんが、自分たちの子供がいなくなったことを悲しみましょう。

私の夫は、私に気を使って

いーさ
いーさ
大丈夫だよ、まだ次があるよ

と慰めてくれました。

でも、私の場合は一緒に泣いて悲しんでほしかったのが本音です。

いーな
いーな
ポジティブな夫の性格もあると思うんだけどね…ただ一緒に子供のことを悲しむことは思いを共有できているという点ですごくいいことだとおもいます

③病院や手術日には一緒に立ち会うこと

流産を告げられてから病院に行くことがあったり、手術日には必ず付き添いましょう。

仕事が忙しいといって休みをとらない方もいると思います。

でも、流産して不安ばかりの妻のことを第一に考えてあげましょう。

いーな
いーな
今はコロナがあって立ち会うことが難しいかもしれないけど、「一緒にいくよ」というだけでも妻の不安が少しなくなりますよ

仕事は1日くらい代わりがいます。

でも妻にとっての夫の代わりはいません。妻を支えてあげましょう!

④仕事を切り上げて、一緒にいる時間を増やすこと

流産後、手術でも自然に出てくるを待つのもとても不安になります。

しかも、1人でいる時間があると流産してしまった事実をぼんやり考えてしまいます。

いーな
いーな
夫が帰ってくる間に、「なんで流産してしまったんだろう」と思い込んでしまい1人で泣いてしまうことが多くありました

流産したことを受け入れたと思っても、なかなか気持ちの整理は時間がかかるものです。

できれば、仕事は早く切り替えて少しでも一緒にいる時間を増やしましょう。

一緒にいる時間が多ければ、悪い方向に考えることも少なくなりますよ!

⑤夫側の両親には夫が報告する、もしくはいわないでおくこと

流産したことを両親に伝えることはとても勇気がいることです。

私の場合、安定期に入るまでは連絡しないでほしいといっていたので妊娠した報告はしていませんでした。

そのため、夫も流産したことは伝えないでおこうといってくれました。

もし夫側の両親に妊娠した報告をしていたら、手術が終わり落ち着いた頃合いで夫が伝えましょう。

妻から伝えることは何を言われても申し訳ない気持ちになってしまうので、必ず夫が伝え、妻のことをフォローしてください。

あまり両親に連絡をしない夫もいるとは思いますが、このときばかりは妻のフォローのためにしっかり連絡する場合はしておきましょう!

いーな
いーな
ほとんど義理の実家のやりとりは私がしていたけど、流産の報告は絶対したくなかったから安定期前に報告しなくてほっとしていました。

まとめ:流産したあとに1番の味方であることを妻には言葉でも行動でも伝えておこう

流産したあとに夫ができる5つのことを紹介しました。

実際に私がしてもらって嬉しかったこと、してほしかったことをまとめてあります。

1番何が大事なのかは、夫であるあなたが1番の味方であることを言葉でも行動でも伝えておくことです。

流産したときに夫から心ない言葉をいわれたり、冷たい態度をとられたら、一生恨み続けたと思います。

いーな
いーな
こんなにつらい思いをしているのに何もしてくれないなんて!と思って離婚まで考えてしまうほど、精神的にはしんどい時期です。フォローしてあげてくださいね!