いーさいーなの夫婦の話。

夫婦で運営♫マッチングアプリで出会い、結婚した夫婦の日常や邦ロックのライブやフェスといった趣味、お互いの仕事のことを発信しています♪

スポンサードリンク

初台湾旅行!行ってみたい場所を台湾通ブログを参考にまとめてみた

親日国としても知られる台湾!海外旅行初心者にも安心な場所ですが、実際どこにいったらいいのか。台湾通のブログを参考にした2泊旅の行動予定をまとめました。

 

JTBの『午前便で行く!見どころたっぷり台湾』2019年の予定になります。

台湾 ツアー詳細|現地係員がご案内する マイセレクト (関空発)午前便で行く!見どころたっぷり台北<追加代金不要で選べる観光!鼎泰豊での小籠包の夕食付>|海外ツアー・海外旅行の予約はJTB

 

初台湾旅行!行ってみたい場所を台湾通ブログを参考にまとめてみた

 

1日目午前中に関西国際空港から飛び立ち、13:00 台湾桃園国際空港着予定です。

到着後、

ツアーの目玉、九份観光

『千と千尋の神隠し』のモデル、舞台になった場所みたいです。

台北 九份

→各宿泊ホテルへ、その後、夕飯は小籠包のパイオニアとして有名な鼎泰豊(ディンタイフォン) ←ここまではツアー計画通り

 

 

台湾 小籠包

 

夜市観光『士林夜市(シーリンイエシー)』行く店候補

ツアーでは、夕食後、士林夜市を案内してもらえます。

士林夜市は台北のなかでも人気で、夜市と調べたら真っ先にでてくる場所です。

ちなみに、ここだけでなく、至る所に夜市があるので、士林夜市を行き尽くしたら他の夜市をめぐってみるのもアリですね。

 

 

上記紹介ページのなかでも特に気になったものを以下にあげます。

 

フライドチキンを食べるなら

『士林豪大 大雞排』(ダージーパイ)

 

ホットドッグを食べるなら

『大腸包小腸』

 

 台湾風さつま揚げ&臭豆腐の『佳鴻』 

 

冷麺&臭豆腐の『家郷涼麺』

 

台湾カステラ(スフレ風)源味本鋪 古早味 現烤蛋糕

 

格安串焼きの『蕭記碳烤肉捲』

 

 

すみません、写真はエクスペディアのこちらにあがっていました。

https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/17113/

台湾の夜市


 

夜市で押さえておきたい中国語キーワードや準備しておくもの

内用(ねいよん) イートイン

外帯(わいたい) 持ち帰り

内包(だーばお) 食べきれないものを袋詰め

をさっと使えるようにしておくと便利みたいです。

  

夜市では、食べ歩きしてもゴミ箱が近くにあるわけではないので、ビニール袋を常備するといいみたい。

またウェットティッシュを準備しておくことで衛生面を気をつけることができます。

 

夜市だけじゃない!ホテルの朝食はやめて朝市をめぐろう

ある雑誌で、ホテルに朝食がついていても、台湾には朝市の文化が根強く、朝市で新鮮や野菜やくだもの、また出店もでているため、朝ご飯としても十分満足できるようです。

 

『雙連朝市』

(読み:シュアンリエンザオスー)

 

気になるもの…エッグタルト、台湾バナナ、おかゆ、水煎包(焼き肉まん)

最寄り駅:地下鉄淡水信義線 雙連駅

 

隣の民権西路駅(みんけんせいろ)にも行きたいお店が2つ。

 

永和世紀豆漿大王

(読み:ヨンフーシーチートウチャンターワン)

 

黄記魯肉飯

(読み:ホァンジー ルーロウファン)

 

 豚そぼろ丼は、台湾庶民の味らしい。

 

台湾のお買い物・町並み散策散策

台湾の原宿といわれる、若者のまち『西門町』

最寄り駅:板南線 西門

 

台湾随一の人気スポット 『永康街』(ヨンカンチェ)

最寄り駅:淡水信義線 東門駅

 

 

 

リフレッシュするならマッサージや台湾式シャンプー

台湾式シャンプー 『H Gallery Hair』

https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/20731/

最寄り駅:板南線 市政府駅

有名な台北101も近くにある、市政府駅。

西門町のある板南線からいけるので、西門で楽しんでからいきたい場所ですね。

  

 

地下鉄板南線 市政府駅には、パンの世界大会でチャンピオンになったパン屋さんもあるみたい。誠品生活店の中にある『吳寶春麥方店 台北店』

 

 

その市政府駅の隣の永春駅にあるマッサージ「心満足足體養生館」

最寄り駅:永春駅周辺

 
台北の夜景スポットとして有名な「象山」

最寄り駅:淡水信義線 象山

駅から入り口までは分かりやすいみたいですが、階段ふくめてかなり歩くみたいです。夕日~日が落ちて夜景になるまでとっても綺麗みたい!

 

夜はまた夜市へ繰り出そう!


まとめ

やはり、台湾がグルメ!グルメ!グルメ!ですね。

朝から夜まで、ブログを読むだけでも賑やかそうな雰囲気が伝わってきます。

 

またB級グルメが多く、食べ歩きもできそうな軽食が多いことから、おなかが休まる時間はなさそうですね(笑)

 

実際にいってみて、またレポートしていきたいとおもいます。