いーさいーなの夫婦の話。

夫婦で運営♫マッチングアプリで出会い、結婚した夫婦の日常や邦ロックのライブやフェスといった趣味、お互いの仕事のことを発信しています♪

スポンサードリンク

母子家庭育ちの男性との結婚に踏み切れない?不安がある人が結婚前に聞いておくべきこととは!

母子家庭育ちの夫と結婚したいーなです!


付き合ってる彼氏と結婚したいけど、母子家庭育ちだから、悩んでいませんか?

 

 

シングル世帯が増えてきたとはいえ、結婚するときに不安になりますよね。 

不安を取り除くためにして欲しいことを紹介していきます。


 

母子家庭の一人っ子育ちの旦那を持つ私が体験談もふまえ伝えていきます!

 

 

母子家庭育ちの男性との結婚は幸せになれない?結婚する前に聞いておくべきこと

母子家庭育ちの人と結婚することを考えると、何が引っ掛かる?

「母子家庭育ちだと、育ちが悪いのでは?」
「母子家庭育ちだと、幸せになれないんじゃないかなあ」

 

そんなことを考えてしまうと、なかなか結婚に踏み切れないんではないでしょうか?

 

シングル世帯が増えてきたこともあり、政府は前よりシングル世帯が住みやすい環境を作ってくれています。

 

環境の変化がある中で出でくる不安な点を挙げていきます。

 

不安な理由① 性格的な問題


シングル世帯で育っていると躾がなってない、幼少期に我慢した生活を送ってきたから自分のことを話さないなどが考えられます。

 

でも、実際はどうでしょうか?
性格的な部分は、付き合っていく中で悪いところは見極められます。

 

付き合っていて彼と自分は合わないと思うことはありましたか?

あっても許せることだったり、特になかったのなら、性格的には問題ないのではないでしょうか?

 

シングル世帯だと、一生懸命働いてきた親を見ているからこそ、しっかり働いていたり、人に気遣いができる人が多いです。

 

「母子家庭だから」「シングル世帯だから」という理由で性格的なところはそこまで関係ないといえますね。

 

不安な理由② 親との関係

シングル世帯の親がどんな人なのかという点も不安になりますよね。

 

不安な点としては、付き合ってる彼氏がマザコンだったり、親本人が変な人じゃないかというところが挙げられます。

 

マザコンであれば、結婚した後に姑になったとき、嫌がらせをされてしまう。

親本人が変な人であれば、嫌な思いをすることがずっと続いてしまうかも。

 

実際、本人から親について話すことがなければ、どんな人なのかわかりません。

親との仲も良好に築いていくことも、結婚生活を幸せに送るためには必要な条件ですね。

 

不安な理由③ 育ってきた環境の違い

 

片親しか見ていないため、父親の姿を見ていない。

父親像というところを知らないから、結婚生活が幸せになれないんじゃないかと思うでしょう。

 

しかし結婚生活は二人で築き上げるものなので、誰しもが初めてなのです。

 

母子家庭じゃないひとと結婚しても、必ずしも家族の過ごし方が一緒だとは限りません。

 

この部分は、どうやって家族を成長させていくかなので、母子家庭だからという理由でつまづくところではないですよ!

 

将来気になることは、結婚する前に話し合いをしておこう

母子家庭だから、結婚に踏み切れないと思っているひとこそ、彼氏としっかり話し合いをしておくべきでしょう。

話し合うことで、不安要素は改善できるところばかりです。

親とのこと


片親のため、将来的なところで不安なことが出てきます。

 

そのため、一度彼が親のことをどう思っているかを聞いておくことが必要です。

 

まずは彼が親のことをどう思っているのか。

 

彼と話をすることで、マザコンなのか判断することができます。

例えば、親のいうことは全て聞いている、常に連絡を取り続けているなどの部分がなければ大丈夫でしょう。

 

マザコンであっても、彼女である貴方を大切にしてくれればいいですが、こればっかりは結婚してみないとわからないので、一度確認しておくといいでしょう。

 

もうひとつは、今後親と同居するなどの将来的なことを聞いておきましょう。

 

片親で、もし兄弟もいなければ、必ず親の問題が出てきます。

将来のことはわからないにしろ、現時点でどう考えているかも聞いておくべきです。

 

そこで何も考えてなければ、結婚する自分が全て考えなければいけなくなるだろうし、何か答えが出てきたら、ちゃんと親のことを考えていると受け取ることができるでしょう。

 

今後の結婚生活について

父親がいない、母親がいない場合、どんな家族になりたいのかという点を聞いておいた方がいいでしょう。

 

もし、自分が描いていた家族像と違うと、結婚生活は幸せではなくなってしまいます。

 

決して、シングル世帯だからというわけではなくて、彼自身が築きたい家族をちゃんと聞いてみてください。

 

体験談!私が母子家庭育ちの夫と結婚する前にしておいたこと

私は結婚する前に、そこまで母子家庭だから結婚に踏み切れないとは思っていませんでした。

 

なぜなら、付き合ってる当初から、彼の母親の話を聞いていたからです。

 

親孝行したい気持ちがわかったし、大事にしていることもわかりました。

自分から聞かなくても、母親の話をする人であれば、家族のことを大事に思ってくれると考えていました。

 

そこでマザコンなのか?と疑問に思ったこともあったのですが、

 

「お母さんがこういってたからさー」

 

といったマザコンの特徴は全くなく、義母さんに会ったときも、息子であるいーさの考えを尊重していました。

 

もしかしたら私の親が、母子家庭育ちの彼との結婚を反対されるかもと思っていました。そのため、私はいーさに結婚する前に2つのことを聞いておきました。

 

◯彼の家族に対する気持ち
◯母親が将来的にどうしていくか

 

の2点です。

 

いーさの場合のように、母子家庭のことを自分から話してくれて、

母の日や誕生日プレゼントをあげている息子であれば、自分のことを幸せにしてくれるだろうと思いました。

 

また将来的にどうするかという点は、

 

「親は人の世話されたくないだろうから、施設に入ると思う。でも同居するってことになったらそれも考えるけど」

 

という答えでした。しっかり考えていたので、ちゃんと考えているだなと思い、私はかなり好印象でした。

 

実際に結婚することを決める前から、自分の親には小出しでいーさのことを話していました。

母子家庭育ちだけどしっかりしていることを伝えたら、特に反対されることはなかったんですけどね。

 

まとめ

私の体験も含めて、母子家庭育ちの男性との結婚に踏み切れない場合に、してほしい・聞いておいてほしいことを伝えました。

 

偏見があるとは思いますが、「母子家庭育ち」だからという目線では見ずにその人自身を見て考えて欲しいです。

 

実際、私はいーさと結婚したことで、自分が変わることができて、幸せな結婚生活を送られています。

母子家庭育ちの人と結婚するから、幸せになれない、離婚するなんてことは、ないです。

 

ぜひその人自身に向き合って見てくださいね!