カルチャー

ライブレポ「THE ORAL CIGARETTES ~Arena series 日本ガイシホール~kills編※ネタバレ要注意

 先週12/8の

THE ORAL CIGARETTES ~Arena series 日本ガイシホール

のライブレポ前編をお送りしましたので、

 

ライブレポ「THE ORAL CIGARETTES ~Arena series 日本ガイシホール~kisses編※ネタバレ要注意 

今回は、後編であるkills編をお送りします。

f:id:unisonnico113117:20190211155709j:plain

 

Kills オーラルの熱を感じる激しい後半 

 

ReIの弾き語り後、
メンバー全員がステージから退き会場内は一瞬の静寂が訪れました。
 
そして、アリーナツアーは第二部へ。
「Ladies and Gentlemen」で幕が開きました。
ダークな世界観を醸し出す、オーラルならではの楽曲であり、
片手を上下に揺さぶる動きは、ライブ中に後ろを振り返ってみても
壮観な景色なので、ステージ上のメンバーは
めっちゃ気持ちいいだろうな、、と思いを馳せました(笑)
 
続いて、「PSYCHOPATH」
人の暗い感情と向き合った楽曲が多いオーラルですが、
特に闇を感じる曲です。
こういった暗い曲たちの演出で感じたことですが、
巨大モニターに痛烈できつい言葉が
赤い文字などで映し出されるので、
初見でみるとかなり過激なバンドですね。
でももっと過激なものがライブ後半にやってきます。
 
「DIP-BAP」を演奏した後、
やまたくが「初めてのガイシ、楽しいことしよう」と投げかけ、
 
1月放送予定のアニメ「revisions」

youtu.be
こちらのOPに決まっている、
「ワガママで誤魔化さないで」を初披露してくれました。
本当にかっこいい曲なので、
アニメも楽しみですし、これからフェスなどでも
披露されるんじゃないでしょうか?
 
そして、珍しい曲と前置きしたうえでの「LIPS」
こちらはライブ定番曲の「狂乱 Hey Kids!!」のカップリングで、
ファンにはたまらない名曲です!!
少しアレンジも加えて、
いつもと違った「LIPS」を届けてくれました。 
 

キラーチューン、そして衝撃のアンコール。 

ここまではまだ「kills」のなかでも序の口。
選曲的には新曲やレア曲含めて
心を鷲づかみされましたが、オーラルのライブは
ここから「キラーチューン祭り」が繰り広げられます。
 
しげさんの特徴的なギターリフから始まる「CATCH ME」、
この曲、制作過程でできたーとやまたくが喜んでいると、
PCのデータが飛んでしまって、できた楽曲がパーに。。。
あまりのショックに悲鳴をあげたやまたくのもとに、
この「CATCH ME」のイントロギターを、
しげさんがやまたくに授けられたという逸話のある曲、
みたいです。
そんな楽曲がライブの定番曲になってしまうところが、
オーラルの強いところなのかな、って思ってしまいます。
 
続けざまに、「カンタンナコト」「狂乱 Hey Kids!!」と
オーラル史上最高のキラーチューンを連発し、
まさに殺しにかかってきます。
 
そして、本編最後、
いまや代表曲といっても過言ではない、
「BLACK MEMORY」。
これでもかと上がった会場のボルテージは、
この日一番のレスポンスを産んでいました。
 
本編終了後、恒例
「まさやんショッピング」のコーナーでは、
トートバッグの生地の丈夫さ、
小型犬が入るサイズ♪
MA-1では冬でも温かい綿入り、
立派な刺繍を押し出していました。
 
そしてアンコール。
“覚悟”をうたった「ONE’ AGAIN」
大阪城ホールでも感じましたが、
この曲の歌詞が、スクリーン上に流れて
やまたくの想いや決意を聞き、
歌が本当に心に届いていくのを感じます。
 
そして、最後。「嫌い」
 
「Kiss and kills」は人間の感情をうたったアルバム、
そのなかでも負の感情を歌うオーラルのなかでも
タイトルからすでに黒い感情を表現しているこの曲を
アリーナツアー締めの曲に持ってくるあたりに、
オーラルがこれからも暗い感情と向き合って、
音楽を届けていく決意を感じました。
 
演奏終了後、スクリーンは一面真っ白。
メンバーは無言で立ち去ります。
正直、武道館の時のように何か発表ある?と
感じてしまい、
会場にもラストが「嫌い」であったことや、
メンバーが退いていく姿も含めて、
困惑した雰囲気が大きかったように思います。
 
ただ「本日のライブは~」というアナウンスが流れ、
一気に現実に引き戻された感はありましたが、
ライブそのものとしては、
斬新ですごくかっこよかったです。
 
総じて、緊張感の漂ったライブで、
武道館や城ホールとはまた違ったオーラルの
一面が垣間見えた気がします。
 
UPSETから、クアトロ、ダイヤモンドホール、
ゼップ、そしてガイシホール。
名古屋の会場を1つ1つステップアップしたことを
すごく感慨深げに話していましたが、
この勢いで、名古屋ドーム、なんなら2daysで
やってもらえるまで、突き抜けてほしい!
 
ということで、
初めてのライブレポを終わりにします。
もう少し語彙と表現力がほしい(切実)
 
それでは、またあさってー♪