カルチャー

【注目株!】THE ORAL CIGARETTESにハマる4つの理由!奈良発ライブハウスバンドにラルクやGLAYも注目!

邦ロックが大好き、いーなです!

今の世の中の音楽シーンではたくさんのバンドが世の中でデビューしています。

そんな中でも着々と人気が出始めているバンドがいます。

THE ORAL CIGARETTES

というロックバンドです。

若い子達に人気があるバンドですが、絶対これから大きくなっていくバンドのひとつです。

今は、ライブハウスのみならず、横浜アリーナなどのアリーナでツアーを回っても満員御礼、フェスでもトリを務めるほどになってます!

今年(2019年)は、主催フェスを行うほど、活発的にライブを行なっています。

大注目株のオーラルの魅力について語ります!!!

ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESとは?

①オーラルってどんなバンドなの?

奈良県出身のボーカル山中拓也を中心に2010年に結成された4人組ロックバンド

THE ORAL CIGARETTES(ジ オーラル シガレッツ,以下オーラル)。

MUSICA・A-sketch・SPACE SHOWER TV・HIP LAND MUSICの4社共同オーディション「MASH A&R」にて初代グランプリを獲得。

Mステにも2回出演し、(『トナリアウ』、『BLACK MEMORY』)大型ロックフェスでも一番大きいステージにも常に立っている。ここ数年では、フェスでもトリを務めることが多くなってきている注目のバンド。

メンバー全員はかっこいいから、顔ファンが多いと思われがち。だけど、顔だけではなく楽曲が超カッコイイバンド!

②メンバー構成は?

山中拓也(ボーカル/ギター) 

通称:やまたく

オーラルの全ての楽曲の作詞作曲を担当。

「自分の低い声が嫌い」「昔はやんちゃしてた」といった自分の負の感情を歌詞にしている楽曲が特徴。

2015年、SiMのライブ中に声が出なくなり、ポリープ手術を受ける。その翌年1月4日からライブ活動を再開、怒涛の勢いで復活する。

もともと、アート制作も得意であり、武道館や自己企画のフェス、CDジャケットなどのデザインも手がけている創造力が長けている。

基本的にモノクロの衣装が多く、ツアーライブごとにライブ衣装も手作りするといったお洒落さん。

また、人懐っこい性格もあり、音楽関係や芸術関係で知り合いも多く、著名人とも仲がいい。(2019年ロッキンでも、HYDEと共演)

愛犬みそ(大晦日から飼い始めたからだそう)を溺愛している。

この投稿をInstagramで見る

みそ恋の予感。。

Yamanaka Takuyaさん(@oraltakuya)がシェアした投稿 –

あきらかにあきら(ベース/コーラス)

通称:あきら

ベースのストラップを短くして、右肩にだけかける珍しいスタイルでベースを弾く。脚は誰よりもあげるのをモットーにしている。

Mステ出演時、「BLACK MEMORY」では、ボーカル山中拓也の喉が本調子ではないため、サビの歌い出しを代わりに務めていた。

オーラルのライブグッズのデザインも担当。自身もSNS上でモデルを務める。

京都大学工学部出身で、超高学歴。卒論のテーマは「中性子放射化分析法による植物に含まれるリンの定量」とインテリすぎる経歴をもつ。

鈴木重伸(ギター)

通称:シゲ

オーラルのリーダー。

ライブは裸足で行うのが特徴。長髪をかき乱しながら、ギターを演奏する。

ボーカル山中拓也とは幼稚園からの幼馴染。

神戸大学を中退しているが、センター試験では数学1位取れるほどの頭脳を持っていたそう。

山中拓也がある曲の作成途中、ほぼ完成していたのにも関わらず、操作間違いで楽曲データを削除し、悲鳴をあげてしまう。

その時、メンバー4人で共同生活をしていたため、悲鳴を聞いたシゲさんが強烈のギターリフをうろたえていた山中に披露する。それが「CATCH ME」の印象的なイントロ部分となった。

中西雅哉(ドラム)

通称:まさやん

唯一の三重県出身であり、最年長。メンバーからはいじられるが、お兄ちゃん的存在。

山中からは、いつも精神的に支えてくれていると言われるほど、客観的に物事を見ている。

オーラルのライブでは、アンコールの際に「まさやんショッピング」というオーラルグッズの紹介コーナーを担当している。

このコーナー、中西が結構頑張ってるので、ぜひライブの時に見て欲しいコーナー。

専門学校卒業しており、「普通自動二輪免許」「普通自動車運転免許」「二級自動車整備士資格」「フォークリフト運転者資格」といった資格を持っている。

そのため、オーラルの機材車の管理を行なっている。

オーラルにハマるべき理由とは!?

①ロック+ビジュアル系=オーラル

オーラルは、ゴリゴリのロックサウンドが魅力の1つです。

そして、オーラルにしかないのは、邦楽ロック界にはない耽美な雰囲気があります。

なかなか、ロック界にはない音楽ですね。

ボーカルのやまたくの音楽のルーツがラルクなので、少しビジュアル寄りの感じがあるので、ビジュアル系好きな人にもお勧めです。

②負の感情に共感できる歌詞+キャッチーな楽曲

私は結構若手バンドを毛嫌いしていた時期がありました。

でも、そんな偏見な私だったのを変えてくれたのが、このオーラル。

オーラルの魅力は、負の感情を歌詞にしていること!

昔は、結構明るい歌詞とかハッピーなものが受けが良かったですが、時代の移り変わりもあって、オーラルの歌詞は共感できるんだと思います。

今の世の中、SNSで裏アカができるほど、負の感情を言葉にする人が多いです。でも、こんなこといっても共感してくれないんじゃないのかな?と思うのですが、そんな感情を表現してくれるのがオーラルです。

負の感情って聞いたら、暗そうなイメージじゃないですか?

でも、それをキャッチーな楽曲にのせて歌ってくれてるので、暗い雰囲気も出すことなく、めっちゃのれます!

③圧倒的なライブ映えする楽曲たち!

先ほど話したキャッチーな楽曲をしているので、ライブが最高なんです。

コール&レスポンスがあるから、周りとの一体感もあるし、なによりやまたくの煽りが本当に盛り上げてくれる!!

そして、MCで私たちが日々苦しい思いをしていることを共感してくれて、

一緒に進んでいこう!といってくれるところも本当に感動します。

④ボーカル・山中拓也の圧倒的なカリスマ性

やまたくは、顔が愛らしいビジュアルです。

でも、歌いはじめると、最強な色気が出ます。そのギャップが凄い。

この人、本当にセンスがあります。

昔は、SNSで素直にものを言い過ぎたりして、炎上することが多くて、ライブでも謝ったりしていたんですが、最近は言葉ひとつひとつの重みが凄い。

デビュー当時は、売れなくて色んな葛藤があったようです。

今は色んな経験をして、どんなことにも挑戦していく意思が見られるし、何よりファンを大切にしてくれる。

やまたくの人間性がほんとうに凄いからオーラルもこんだけのしあがってきたんだと思います。

あと音楽界でも知り合いが多く、どんなジャンルの人たちとも交流があります。

ビジュアル系のラルクのHydeさんとかMUCCとも交流あるし、どんなジャンルの人とも対バンをして、いろんな刺激を受けていますね。

オーラルの聞くべきおすすめの4曲!

①BLACK MEMORY

佐藤健主演映画「亜人」の主題歌になった曲です。

一瞬の迷いも見せない僕の瞳が派手に落とすのは

峰会と希望の二層をすでに離した 記憶ただ

BLACK MEMORY

人生は守るべきモノで出来ていて いつか Oh Oh Oh 越える

どうなったっていい とか もう言わせないよ

響け Oh Oh Oh 全身全霊かけてやるさ

 ②狂乱 Hey Kids!!

アニメ「ノラガミ」のOPになったこの曲。

ライブの定番の曲ですね!

狂って hey kids!! 閉ざした昨日を照らして 行き場のない衝動

狂って hey kids!!戻れない場所を探して

狂って hey kids!!くだらないエゴを飛ばして 意味の無い抗争

狂って平気?? 私の名前を吐かないか?

③ONE’S AGAIN

オーラルが覚悟を決めた曲。

この曲を聴くと、絶対あきらめないでやる!!と思えます。

もう一回 あなたのもとへ 帰れるなら 私は強くなれるから

もう一回 1人になったって 帰れる場所がいつもここにあること

時には弱い言葉も吐いて

周りのせいにしては誤魔化した 自分への愛がないと嘆いた

そんなの勝手な自分の言い訳でしょ?弱さだろ

自分自身が責任を持って それでも手を差し伸べてくれたら

どれだけの感謝と喜びがそこに 生まれるか気づくから

④ReI

ReI Projectというプロジェクトのために作られた曲。

やまたくが初めて、自分のためじゃなくて誰かのために書いた曲。

事件や災害を背負っていきていく人たちへ向けた曲。

天変地異は今 君を連れ去って 愛すべき人々の夢を見た

あぁきっとあの日々を思い返すだろう

視界に広がった景色を変えていきたい

明日に残したいものだと心に誓って生きてくんだ

まとめ:オーラルシガレッツはまだまだ人気がでるバンドだ!

オーラルの魅力についてまとめました!

縁があって私はオーラルのデビュー当時のライブに立ち会いました(神戸ワールド記念ホールでの前座です。その時はオーラルのことを全然知らなくて、他のバンド目当てにいっていたし、周りの人も全然オーラルを見ていなかったんです。

でもそんな中、オーラルは「絶対大きなバンドになってやるんで!」といっていた記憶があります。

今の彼らはその会場である大阪城ホールを満員でワンマンライブをやってのけました。

本当に彼らが掲げているBKW(番狂わせ)をやってのけるバンドです。

このバンドは、私と同い年のメンバーがいるので、本当に同じ世代として頑張って欲しいバンドです。これからもオーラルをおっかけていきます!

ライブレポ第2弾「THE ORAL CIGARETTES~Arena series 神戸ワールド記念ホール~」 – いーさいーなの夫婦の話。