いーさいーなの夫婦の話。

夫婦で運営♫マッチングアプリで出会い、結婚した夫婦の日常や邦ロックのライブやフェスといった趣味、お互いの仕事のことを発信しています♪

スポンサードリンク

病院勤務をする新社会人が入職前に準備・理解してほしいこと【看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士】

こんばんは、妻のいーなです!

 

あと数日が過ぎれば、4月になりますね。

4月といえば、新社会人が入社・入職する時期になります。

 

病院勤務になる新社会人の皆さんは、

国家試験に合格して、ホッとした気持ち

4月からちゃんと働けるかな?と不安の気持ち

どっちもあると思います!

 

わたしが病院勤務をして、

一般企業に入社した方とは、

少し違うかな?と思う点があったので、

それをまとめていきます!

 

いーさの入社当初の話きいたら、私とは全然違ってびっくりした

医療現場は、最初から人相手の仕事だから、そこは緊張するんかな?

 

 

 

 

病院勤務と一般企業のオリエンテーションの違いは?

病院の入職時のオリエンテーション

 

ほとんどの病院の入職の流れは、

入社式→入職時のオリエンテーションにうつります

 

オリエンテーションってなにをするんだろう?と思う方がいますが、

だいたいは、働く前に知っておいて欲しい知識、実習がほとんどです。

 

病院勤務のオリエンテーションは短い!

病院によってやり方は違うとおもいますが、

基本的にオリエンテーションは短いです。

 

私の前の職場は、

 

病院の成り立ち、地域にとってどんな位置づけなのかなどの病院の沿革系

患者さんの簡単な接遇、電話対応などのマナー系

病院内の設備、つかい方、防災訓練などの病院案内系

記録のとり方、器具のつかい方などの基本的なつかい方系

リスク管理などのBLS対応(AEDのつかい方)、

感染管理などのリスク管理系

 

というものでした。

 

この項目を4日間だけおこない、

その次の日からは患者さんと関わることになります。

 

話の聴講をすることが多くて、あんまり働く実感がなかったな

医療職で話し聞くだけだと退屈そう(笑)

「明日からはそれぞれ臨床に出てやってください!」という言葉にびびった!

 

つまり、すぐに患者さんと向き合うことになる

心の準備がないまま、指導係の元で患者さんと関わることになります。

 

職種や病院によって変わるとおもいますが、

すぐに患者さんと向き合うことになるので、その心の準備をしておきましょう。

 

わたしの場合、その次の週には、

自分の担当の患者さんを持つことになりました。

 

学校や実習で患者さんを見ることはあるとおもいますが、

いきなり主担当になるので、びっくりしました。

 

しかし、医療現場では、

最初から患者さんと関わらせて、

色んなことを覚えていく方法

とるところが多いでしょう。

 

入職前に準備してほしいこと

入職時の準備をすること

患者さんはもちろん、スタッフに挨拶をしっかりする

患者さんとスタッフ、つまり周りの人は、よく行動をみています。

 

人間関係は、あいさつからはじまることが多いので、

挨拶はしっかりしておきましょう。

 

挨拶ができない=仕事ができない

存在となりやすいです。

 

先輩の立場になってみると、

挨拶がしっかりしている子は色んなことを積極的に行ってくれ、

声も掛けやすい印象がつきます。

 

もちろん、他職種や家族の方にも好印象を与えるので

挨拶は必ず自分からしてみましょう!!!!

 

時間を厳守できるような習慣づけ

社会人になって、遅刻をするのは御法度ですが、

言われている時間を厳守することは当たり前です。

 

そして病院に関しては、「命」を取り扱っている現場なので、

「時間」が厳守できないと、リスクが伴います。

 

また他のスタッフからも悪い印象を与えますので、

かならず時間厳守ができるような習慣づけをしておきましょう。

 

スケジュールが把握できるようなアイテムを持っておく

新社会人として当たり前ですが、スケジュール管理をすることは大事です。

病院には、時計がついているところが少ないため、

必ず時計を身につけておきましょう。

 

しかし、腕につけておくと、

衛生面にも良くない、患者さんにぶつけるリスクがあるため、

ポケットに入れられるタイプやズボンにつけられるタイプが良いでしょう。

 

またスケジュール帳も持っておくこともおすすめします。

カンファレンスや勉強会などの先の予定をよく口頭でいわれることが多いです。

 

そのためポケットに入れられるスケジュール帳は必需品です。

 

またバイタルや患者さんの情報をメモしておきたいことも多いので、

メモ帳も必需品になりますね。

メモだったら何でもいいと思いますが、

今はシリコン状のものなので、腕につけられるタイプのメモもあるようです。



結構手のひらにメモを書くことが多かったので、

このメモはかなり使えると思います!

 

入職前に理解しておいてほしいこと

入職前に理解してほしいこと

学校で勉強したことが全て通用するわけではないことを理解しておく

医療現場に入るまえに、学校でたくさん勉強をしてきたとおもいます。

 

しかし、現場に出ていくと、全てが通用することはないです。

患者さんが合併症があったり、高齢で口答指示が理解しづらかったりと

とても勉強だけではカバーができません。

 

そのため、疑問に思ったことは、

必ず解決できるように調べることを徹底してください。

もし調べてむずかしかったら、指導者や同期に相談するのも手段のひとつです。

 

分からない=恥ずかしいことではありません。

うやむやにして、患者さんに不利益になってしまうのは避けてくださいね。

「ほうれんそう」は必ずしよう!

入職したてで、報告、連絡、相談はなかなか難しいかもしれません。

 

私もとっても苦手でした。

できれば、自分ができないことは知られたくないし、

なにより自分の考えを言葉にすることが下手だったからです。

 

そして「なにに困っているのかが分からない」というのが

大きな理由でした。

 

でも、医療職種は、患者さんやその家族さんに話すことが増えていきます。

それを考えたら、同職種に話すことは、その練習機会になります。

 

指導者や同僚はある程度、同じ職種なので、理解してくれようとしてくれます。

なので、練習機会だと思って、どんどん話してみてください。

 

「困っていることが分からない」ということでも、

「この患者さんについて、

ここまでは考えられているけど、これで合っていますか?

他の考え方はあるでしょうか?」

違う考え方を教えてもらうというスタンスだと相談しやすいでしょう。

 

プリセプターには、「教えてあげたい」という存在になるよう動く

ほとんどの職種では、1年間指導係としてプリセプターがつくとおもいます。

 

そのプリセプターは、言い方が悪くなりますが、

自分なりにうまくつかっていってください。

 

プリセプターは人によって、相性が良い、悪いがあるとおもいます。

しかし、努力している姿勢をみせていたら、

プリセプターは「この子は頑張ってくれているんだな」と思ってくれて、

コミュニケーションをとってくれるとおもいます。

 

そのためには、プリセプターにどんどんはなしかけてください。

そうしたら、自分の能力を理解してくれて、アドバイスをくれるとおもいます。

 

ぜひ、プリセプターに「教えてあげたい」という思わせる

コミュニケーション方法をとってくださいね。

まとめ

 入職前に不安なことがたくさんあるとおもいますが、

国家試験を合格してここまできているので、

ぜひ素敵な社会人・医療人になってくださいね!

 

この記事のポイント!

・医療職種のオリエンテーションは短く、基本的なことが多い

・そのため、すぐ現場に出て身につけることが多い

・入職前に、挨拶することや時間厳守できるようにしておく

・疑問に思ったことは、そのままにせず、すぐ聞く

・「報告・連絡・相談」は必ずする!