いーさいーなの夫婦の話。

夫婦で運営♫マッチングアプリで出会い、結婚した夫婦の日常や邦ロックのライブやフェスといった趣味、お互いの仕事のことを発信しています♪

スポンサードリンク

ウエディングプランナーとの相性は大事!?結婚式が大成功につながる!プランナーさんのよかった4つの対応(実体験)

こんにちは!妻のいーなです!

 

 一生に一度の結婚式を挙げるなら、満足できるものにしたいですよね!

以前、準備期間で気をつけることについて書きました。

 

 

ケンカしながらでもカップルで良い結婚式にしよう!と思っていれば、大方結婚式がより良いものになるでしょう。

しかし、その結婚式をするにあたって、ウエディングプランナーさんが大事な役割を担ってきます!!!

 

 

プランナーさんはカップルとともに結婚式を作り上げる際に一緒に計画を立ててくれる存在です。そのプランナーさんと上手く付き合うことでより良いものを作ることができます。

 

僕たちのプランナーさんは本当いい人だったのですごい円滑に進んだね!打ち合わせも毎回楽しみだったー

でも友人の話を聞いてるとみんなそういう人ばかりではないみたい!

 

そんなプランナーさんと上手く付き合っていくコツをまとめていきます!

 ウエディングプランナーって何をしてくれる人?

ウエディングプランナー

お仕事内容は?

結婚式を挙げるにあたって、プランナーさんは様々なことをしてくれます。

端的に言えば、結婚式をプロデュースしてくれる存在になります。

 

基本的にプランナーさんが統括して、その他の式場スタッフ(音響、装花、ドレス、メイク...などなど)との連携をとってくれるカップルに1番寄り添ってくれるべき人となります。

プランナーさんはどうやって決まるの? 

だいたいブライダルフェアにいったときに案内してくれるのが担当プランナーさんになります。

 

私たちもフェアのときに対応してくれたプランナーさんが、そのまま結婚式まで担当してくれました。

 時折、転勤があるところだったり、退職予定があったりすると、プランナーさんが変更になりますが、基本的に最初から対応してくれる人となります。

 

なので、最初に会ったときに印象が良い人だと良いですね!

 

友達の話だけど、あんまり相性良くなかったから打ち合わせがしんどいって言う人もいたからそこは我慢しないといけないのかな?

 

それは我慢しないて大丈夫!!

プランナーさんとの相性もあるため、変更は可能だそうです。

 

一生に一度の結婚式ですから、嫌な思いをしないようプランナーさんとの関係性は良いものにしていきましょう。

 

プランナーさんと円滑に打ち合わせを進めるには?

私たちが円滑に進めるのに気をつけたことは、

 

プランナーさんが出してくれる宿題をかならず期日までに守ること

やりたいと思ったことはすぐにプランナーさんに相談をしたこと

 

の2点になります。

 

それをすることによって、全てやることは焦らずに行えたし、

もしメールや電話でやりたいことを伝えても、次回の打ち合わせのときにプランナーさんもどうしたらいいかを考えておいてくれます。

 

打ち合わせのときにいきなり案を出しても、プランナーさんが対応しづらいことであると、「それはちょっとできません」と否定をされてしまいます。

 

なので、メールとかで

「新郎の退場のときに、〇〇といった演出をしたいんですが...」という相談をしておけば、次の打ち合わせのときに詳細を聞いてくれ、可能かどうかを考えてくれます。

 

 

たぶん私たちのプランナーさんは本当に仕事ができる人だったし、相性も良かったので上手くいったのではないかなとおもいます。

 

そんな私たちのプランナーさんの良かったところ、少し疑問におもったところを紹介します!

 

私たち夫婦が担当してくれたプランナーさんの良かったところ

打ち合わせが円滑にできる方法

①基本的に私たちの意見を否定せず、尊重してくれる

いーさのこだわりとして、

  • ウエディングケーキは出したくない
  • 音楽好きだからフェス・ライブ風にこだわりたい
  • 挙式は生演奏じゃなくて思い出の一曲
  • 音楽は好きな音楽ばっかりかけ続けたい...

などなど打ち合わせが始まる前から、決まっていることが多かったです。

 

この話をフェアのときに話したら、プランナーさんが

 

「それは面白そうですね!!!」

 

と笑顔をキラキラさせていってくれ、意見を尊重してくれました。

 

その対応は、結婚式が終わる前まで継続してくれて、私たちが出した提案は全て受け入れてくれました。

そんな神対応をしてくれるプランナーさんに、いーさも私も「こういうのやりたいんです!」とテンションが上がりながら話したり、やりたいことは我慢せず言うことができました。

 

誰しも一生懸命考えた案を「それはできないです」と一蹴されたら、嫌な気持ちになりますよね。なんでも受け入れてくれるプランナーさんを見つけてほしいとおもいます!

 

②案が難しかったり、迷っていることがあると、すぐ代替案を提案してくれる

そんな無茶ぶりをたくさんいっていたら、さすがに結婚式でもできないことがあります。また、詳しくは決まってないけど、〇〇な感じのことをしたいとふんわりした要望を伝えたりもしました。

 

そんなときプランナーさんは、

「この演出はちょっと難しいかもしれないです...でも、こういう形だったらやれそうなんですが、どうでしょうか?」

「〇〇な感じだと、以前のカップルさんで△△な方法でやってたんですがどうですか?」

 

と必ずすぐに代替案を伝えてくれました。

なので二人でずっと「うーん、どうしよう?」と考えることもなかったので、打ち合わせも円滑に進めることができましたね。

③メールや電話のレスポンスが早い

メールであれば、ほとんど1日以内に返してくれましたし、かけたときに出られなくてもすぐに折り返しの電話をくれたり、レスポンスが早くて助かりました。

 

本当にプランナーさんには頭があがりませんでした

 

レスポンス遅いプランナーもいるみたいだから、何回かやり取りして、見極めないとね!

④私たちの結婚式を一緒に作りあげることを楽しんでくれる

これは本当に嬉しかったポイントです。

いーさが提案する演出が、今まで経験したことがないことばかりだったらからなのかプランナーさんも楽しく打ち合わせもできました。

 

わたしが1番嬉しかったのは...

オープニングムービーの曲をパスピエの「手加減の無い未来」にしていたんです。

何も言わないで 笑いながら さあ始めよう 手加減のない未来を

『手加減のない未来』(歌い出し)

この曲アルバムにしか入っていないし、あんまり有名な曲ではないんですが、プランナーさんが当日、

 

「ずっとこの曲で始まるのが頭から離れないんです!今日は良い1日にしましょうね!」

 

といってくれたのが、本当に印象深かったです。このプランナーさんも、仕事なのに楽しんでやってくれたんだな、と思うことができました。

これは、ちょっと嫌だなと思ったところ

これは直接私たちが受けたわけじゃないんですが、いーさの友人から聞いた話です。

 

いーさの友人に余興(弾き語り)をお願いしていて、直接プランナーさんと時間や演出する場所など連絡をとって打ち合わせする機会がありました。その時、プランナーさんとの電話がかなり冷たかったようで、友人からその連絡が入ったようです。

 

これだけ親切にやってくれたプランナーさんだったので、少しショックでしたが、その友人にはこちらから謝りました。

 

それ以外はほとんど気になることはなかったですが、ゲストに対してそういう態度をとるのは、他のところでも気にして良いポイントだとおもいます。

もし合わないってなったらプランナーさんを変えるのも手段のひとつ!

私たちは、偶然良いプランナーさんに担当してもらえましたが、必ずしもいい人ばかりだとはおもいません。式場に行くと、スタッフさんの中でも挨拶をしてくれない人がいたりとか、対応が雑な人もいたので。

 

プランナーさんは本当に大変な仕事だし、責任重大な仕事になります。何件も抱えており、人相手の仕事だから、ミスをすることがあります。

 

大目に見ることも大事ですが、本当にこの人とは合わない!!ということになれば、プランナー変更を考えてもいいとおもいます。

 

せっかくの結婚式は、我慢せずノンストレスで!

それだけのお金は払うので、全然OKです!

まとめ

結婚式準備の円滑に進めるには、プランナーさんの相性も関係してきます。

私たちの場合は、自分たちのやりたいことを引き出してくれる方だったので大満足しています。

 

ぜひ素敵なプランナーさんと良い結婚式を作れますように!