結婚式のいろは

結婚式場の契約直後にやっておくべきこと!身近な人への報告と打ち合わせ前の準備

こんにちは、いーなです!

 

ブライダルフェアに参加して、

色々検討をしたうえで、

自分たちの好みの結婚式場と契約するとおもいます。

 

結婚式場を選ぶまでに色々調べたとおもいますが、

結婚式の準備としては、

やっとスタートラインを踏めた

と考えてもらったほうがいいです!

 

 

一般的な準備期間は、

結婚式場と契約して、8ヶ月~1年ほどです。

共働きをしている人がほとんどですから、

なるべく行えることを決めておきましょう!

 

 結婚の報告はどのタイミング?

 

f:id:unisonnico113117:20190316163828j:plain

お互いの両親編

結婚式場と契約したら、

まずすぐに、お互いの両親に報告しておきましょう。

 

出席してもらう大前提の両親には、

契約する前に、

行きやすい場所なのか、どんな結婚式を挙げたいか、

などを伝えておくべきです!

 

頃合いをみて、両親たちも

親戚などに報告をしていくと思うので、

その場合、自分たちから言うのか、

両親から伝えてもらうのか、なども

決めておくのもいいかもしれません。

 

家族以外にも、親戚の人達にもいわないとね!

会った際に直接言ったけど、両親から事前に知らせてもらってたよ

そのあたりは、両親とよく話し合っておこう!

親任せもいけないしね!いーさみたいに(笑)

ぼくは全部、母にお任せでした…母に感謝!

 

職場編

入籍する日が決まったら、

直属の上司に報告をしておきましょう!

 

その後、その直属の上司からの指示を仰いで、

部署や上への報告をしてくださいね。

 

最近は、入籍日と結婚式を挙げる日が

違う日になることが多いので、

入籍する日が決まった時点で

報告するケースが多いとおもいます。

 

 

結婚式は職場の人でも

全員に参加してもらうわけではないので、

結婚式に出て欲しい目上の人から報告して、

その後、同僚に報告をしてください。

 

同僚のほうが先に結婚のことを知っていて、

噂で上司に伝わると、

又聞きになり上司からの評判もよくないでしょう。

 

直接上司に伝えられるような環境は自分で作っておこう!

友人編

両親や親戚、職場の報告が終わったら、

親しい友人達に報告しておきましょう。

 

招待客リストを作ってから、

報告した方がいいとおもいますが、

絶対にこの友人は来て欲しい!という方がいれば、

早めにいっておいて後悔はしないです。

 

同年代の間で結婚ラッシュになっていると、

自分が結婚式を挙げるタイミングと

他の友人の結婚式が重なることもあります。

 

なので、なるべく早めに

「この日に結婚式をするので、是非きてほしい!」

という旨を伝えておいてくださいね。

 

親友と大学の友人の結婚式がかぶってしまって、かなり悩んだよー

親友さんからはスピーチお願いされてたしな!

時間帯が違くて、場所が近かったから結婚式はしごした!!

あの日はほんと、朝からばたばたしてたよねー(笑)

 

余興を頼む場合は先に相談しておきましょう

もし結婚式で、余興をしたい場合も早めに伝えておきましょう。

ぎりぎりに頼むのは、非常識です。

 

私たちの場合も、

余興をお願いできる友人たちをピックアップして、

直接会って相談しておきました!

 

前もっていっておくことで、

友人たちも早めに準備をしてくれて、

当日は素敵な余興になりましたよ!

本格的な打ち合わせが始まる前にやっておくべきこと

f:id:unisonnico113117:20190316163843j:plain

演出や進行の打ち合わせは3ヶ月前から

結婚式の打ち合わせが始まったら、

最初は招待客のリストや衣装決めといった

基本的なところからすすめることが多いです。

 

結婚式当日になにをしていくのかは、

3ヶ月前くらいから打ち合わせが始まります。

 

なので、その間は

 

どんな演出をしてみよう?

余興は誰にお願いしよう?

定番のケーキカットやブーケトスにひと工夫できないかな?

 

などと、流れの中でやりたいことを

情報収集しておくのがいいですね!

 

事前の下調べとしては、

結婚式の雑誌やインターネットで

式を挙げた先輩カップルの

ブログやインスタなど参考になるとおもいます。

 

結婚式をやることが決まってから、友人の結婚式が参考になった!

一緒に参列した人と式の感想を言い合うとアイディアが浮かぶかも

結構料理とか引き出物、ドレスの感想を女子は特に気にするかな。

 

お互いがやることを決めておこう

お互いなにをするのかを考えておきましょう。

いわゆる、役割決め。

 

お互い、得意、不得意があるとおもいます。

そこをしっかり話し合って、

新郎側は〇〇、新婦は△△といったことを決めておいたほうが楽です。

 

新郎側は仕事が大変で、

あまり結婚式に思い入れがない方が多いかもしれません。

しかし、結婚式の準備ってすごく労力を使います。

新婦側が頑張って頑張って準備して、

新郎側が無関心であれば、

結婚式をやる意味がなくなってしまいます。

 

少しでも、お互いが参加して、いいものができるよう

ちょっとした役割をうけおってくださいね。

 

私たちは、自分が得意なものばかりやってたね

演出とか流れは大体僕が考えて、細々なところはいーなに任せたな

ものをつくる段階では、めっちゃケンカした思い出しかない…

それもいい思い出!!!!

お金で解決できるか?解決できないか?

色んな準備をしていく中で、

あれもしたい、これもしたい、

考えてたら、たくさんやりたいことが出てきます。

 

しかし、1年後と思っていた結婚式は、

準備をしていたら、すぐに来てしまいます。

 

何故か?

 

それは、準備をすることが多すぎて、

時間が足りないんです。

 

もし金銭面の余裕があるならば、

自分たちができるところとお金で

カバーできるところを考えておくことが大事です。

 

切羽詰まって行っても、

いいものはできないですから、

映像や招待状の作成など、

お金で頼めるものは頼んでおくのもいいでしょう。

 

ただ節約をしたい!と思っている方々は、

なるべく前もって色んなコトをしておくのがいいでしょう!

 

まとめ

結婚式場を契約してから、

報告するタイミングや結婚式の準備をまとめました!

 

※やることがたくさんあるのが結婚式です。

自分たちの近しい人たちへの報告や

早めの準備をしっかりしておきたいですね。

 

【結婚式場の契約直後にやっておくべきこと】

報告は両親→職場の直属の上司→友人の順番で行いましょう。

友達の場合、遅くならないよう早めに報告をしておきましょう

結婚式の準備はたくさんあるので、二人で役割決めをしておきましょう