作業療法士のリハビリ情報

【PT,OT,ST】リハビリの専門職の違いは?理学療法士、作業療法士、言語療法士を簡単に説明します!

こんばんは、いーなです。
私はリハビリの先生のひとつである作業療法士をしています。
訪問看護ステーションに勤めていますが、
利用者さん、家族さんによく

「理学療法士と作業療法士ってなにが同じの?」と聞かれます。
まぁ、初対面でこの仕事をする人にもどんなことをしているの?と聞かれますね。

 

よく間違われますが、全然違います!

 

私もこの職種についてなかったら、わからないと思います。
親がリハビリをしている人、今後必要な人はどんなことをするのかわかっておくといいと思います。

 

リハビリってどんな人が受けるの?どこで受けるの?
f:id:unisonnico113117:20181223003219j:plain
まずリハビリテーションはどんな人が受けるのでしょうか。
それは様々な人が対象になりえます。
骨折、認知症、脳卒中、神経難病(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)、精神疾患、発達障害、運動遅滞…などなどたくさんの疾患に対してリハビリをしています。
よく「リハビリをして治しましょう!」と言われますが、基本的には、上記の病気の人をメインでしますが、疾患がなくても歩きづらくなった人、生活がしづらくなった人でもリハビリが可能です。
今は、病気になる前に行う”予防リハビリ”というのも流行になっていますね。
それは何故かというと、リハビリテーションを行うセラピストは、身体を動かしやすくすること以外に、生活を行いやすくするために住宅の環境のアドバイス福祉用具の紹介なども行うことがあるからです。
 
では、専門的なリハビリを行うにはどこでできるのでしょうか。
皆さんがよく知っている病院、老人保健施設、通所リハビリテーションが最初に上がると思います。
今は、それ以外に保険を使わないすべて負担になる自費のサービス、リハビリ専門職がいるデイサービス(これはまたお伝えしたい点)、リハビリ専門職がいる健康教室など、活動の範囲が広がっています。
 
次に、リハビリの専門職は何が違うのでしょうか。この違いを知って、リハビリを受けるとかなり印象が変わると思います。
 
理学療法士は身体の専門家
  f:id:unisonnico113117:20181223003420j:plain
 理学療法士が一番、世の中で有名な職種です。よくドラマなどで平行棒で歩いている患者さんの横にいるのが、理学療法士です。
この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ温熱その他の物理的手段を加えることをいう。 — 理学療法士及び作業療法士法 昭和40年6月29日法律第137号 第2条
 
法律上ではこのような説明ですが、難しいですね。
理学療法士は、ベッドから起きる、座る、立つ、歩くなどの人間が行う基本的な動きのリハビリを行う仕事です。
骨、筋肉などの身体の知識が身について、人間が必要とする歩行の必要な能力を引き出す訓練を行う仕事になります。
理学療法士は足に関してスペシャリストです。
 
よくリハビリといったらマッサージをしていると思われがちですが、立ったり歩いたりするときに動きやすいよう筋肉をほぐしたり、骨の位置を修正したり、姿勢を良くしていくように訓練をしています。
なので、リハビリ=マッサージではありません。
マッサージはリラクゼーションで使われるため、本人の満足感は強いですが、リハビリは満足度を得るためではなく、動きやすくするということを目的にしています。
 
よく本を出したり、メディアに出ている方は、予防リハビリという面で活躍されていますね。筋膜リリースやダイエット方法など身体の使い方を知っているから、出せている面なのかなと思います。
 
作業療法士は手と生活をみるスペシャリスト
f:id:unisonnico113117:20181223003010j:plain
 作業療法士は、理学療法士とよく間違われる職種ですが、基本的には手のリハビリ、または食事、トイレ、着替え、入浴など生活の中の応用的な動作の訓練を行います。
加えて、精神疾患の人に対してもリハビリを行っています。
作業療法とは,作業を通して健康と幸福な生活の推進にかかわる職業である。作業療法の主目標は,人々が日々の生活の営みに参加できるようにすることである。作業療法士は,こうした成果を達成するために,人々が自らの参加能力の向上をもたらすような事柄に取り組めるようにしたり,参加をよりよく支援するための環境整備を行ったりする。
     ーー作業療法の定義(世界作業療法士連盟(WFOT) 2004)
 理学療法士と違うのは、理学療法士が行っている歩くなどの基本的な動作に付け加えた応用的な動作を行っているのが作業療法士です。また心理学や精神疾患の勉強をするため、精神病院で働く作業療法士もいます。
 理学療法士と同様、身体的な部分も見るので、理学療法士よりは劣る部分もありますが(人によって個人差あり)、筋肉や基本的な動作も勉強しています。 
 
 また、作業療法士という名前にあるとおり、作業を通してリハビリを行うこともあります。例えば、木工や裁縫などを用いながら、手の細かい運動をしたり、筋力訓練をしている場合もあります。
 
言語聴覚士はしゃべること、食べること、頭の専門家
f:id:unisonnico113117:20181223003017j:plain
 言語聴覚士は、理学療法士、作業療法士と違い、頭や口部分に関わるリハビリを行います。
「厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」
             ー言語療法士第2条
 
 口の中の筋肉が低下して、食べ物の飲み込みがしにくくなったり、話しづらくなったり、また脳卒中が原因で高次脳機能障害になった人にリハビリを行うのが言語聴覚士です。
 例えば、認知症と違い高次脳機能障害の影響で、記憶が保持できなくなった人に対して、記憶の訓練をしたり、記憶が保持できなくても代償する方法を提案して身につけたりすることも、言語聴覚士の役目になります。
 
まとめ

 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を簡単にまとめました。

少しでも違いが分かってもらえたら嬉しいです。